腎臓にいい成分ってなに?

腎臓に良い食べ物はコレ! レシピの一覧

 

「腎臓の数値が悪い」
「尿の出が悪い」
「尿のコントロールができない」

 

など腎臓に関する不安をお持ちの方は多くいらっしゃいます。そんな腎臓にいい成分をご紹介します。

 

オルニチン

最近注目を浴びているオルニチン。オルニチンは、遊離アミノ酸の一種で、普通のアミノ酸とは違い体内でそのままの形で機能するものです。腸で吸収後、肝臓、腎臓、筋肉と周り肝臓の保護をはじめ腎臓にもいい影響を与えます。

 

タウリン

よく栄養ドリンクに配合されているものが目にしますが、腎臓にもいい影響を与えます。タウリンは交感神経に働きかけ腎臓の機能を正常化させるといった働きがあります。

 

ノコギリヤシ

腎臓の数値であるクレアニチン値を下げるために効果的な成分がノコギリヤシです。他にも前立腺や薄毛にも効果が高いことや、利尿作用があることでも知られています。

 

L-シトルリン

腎臓にいい影響があるシトルリン。高血糖、高血圧、頻尿と腎臓が回復することで期待できる効果は多くあります。

 

亜鉛

亜鉛は非常に不足しやすい栄養素の一つで主に牡蠣やレバー、チーズなどに含まれています。亜鉛は不足すると腎臓の機能が低下しますが、逆に過剰摂取でも副作用があります。また吸収しにくい性質上食物で亜鉛摂取量を満たすのは非常に難しいという側面もあります。

腎臓の働きが良い影響を与える食べ物

腎臓に良い食べ物はコレ! レシピの一覧

腎臓の働きが良い影響を与える食べ物の基本を抑えながらもカリウム制限を受けていない場合は、健康的なバランスの良い食事が基本になります。それでも意識することにより大分食生活は変わりますので参考にしてみてください。

 

オルニチン入りの魚介類

魚介系、海藻系は体に良いものが多いのですが、特に腎臓に良い影響を与えるのはオルニチンを含むしじみ、ひらめ、キハダマグロなどの魚介類です。また、海のミルクと言われている牡蠣にも腎臓に有効な成分がたくさん含まれています。オルニチンは肝臓にというイメージが強いのですが、腎臓と肝臓は密接な関係にあり、肝臓がよくなることで結果的に腎臓もよくなるのです。優先順位を上げるのならばこれらの魚介類、海藻類の優先度は一番高くなります。

 

肉類でタンパク質を摂る

豚肉、鶏肉を中心としたタンパク質の摂取をすることをおすすめします。肉類からは食物からしか摂取できない必須アミノ酸が多く含まれていますので、積極的に摂ることが大事です。肉類は消化が悪いため、他の食材でもタンパク質を摂るようにメニュー構成をするといいかと思います。

 

豆類でもタンパク質を摂る

畑のお肉と呼ばれる大豆製品は解毒効果や利尿作用もあり、なによりヘルシーです。こちらもタンパク質がたくさん含まれているため、摂りすぎは禁物ですが、腎臓が回復してくれば積極的に摂ることが必要です。

 

他にも黒豆、納豆、ソラマメ、枝豆など豆類はたくさんありますので、お好みのものを日々の食生活に取り入れてみましょう。

 

喉が渇かないように水分を摂る

頻尿や利尿作用のあるものばかり取るとかえって負担になる可能性もあります。一番いいのは白湯ですが、難しい場合は常温のお水を用意し、朝一杯のお水を摂るようにしましょう。また、水分はできるだけ摂るように心かけることは大事です。

 

負担のあるお茶よりも水、次点で麦茶など腎臓にもいい影響を与えるものを中心に一日1.5Lほどを目安に摂取してみてください。

 

腎臓に良い野菜を加えて調理

腎臓にいい影響を与える野菜としてキャベツ、にんにく、ごま、ハト麦といった食材です。腎臓病になると高カリウムは制限対象になるためホウレンソウやタケノコ、トウモロコシなどは注意食材に変わります。にんにく、ごまなどは料理に非常に使いやすいため工夫して摂取するといいかと思います。

 

果物を組み合わせビタミンを補給

シトルリンを多く含むスイカはおすすめですが、カリウムを多く含むアボガド、バナナ、メロン、みかんなどは注意が必要です。基本的にはカリウムが果物には多く含まれていますが、カリウム制限を受けているならば一日のカリウム制限量に注意しながら摂ることをお勧めします。果物には多くのビタミンも含まれているためしっかり計算したうえで摂るのはいいかと思います。

腎臓にいい食事を日常的に摂るのは難しい?

腎臓に良い食事を心かけることはできますが、腎臓に良い成分であるオルニチンやノコギリヤシなど日常的に摂ることは難しいというものは多くあります。しかし、私たちの体はたまにとればいいというようなものではなく、特に調子が悪いものを早く改善したいと思えば、しっかり日常的に摂ることが大事になります。

 

一番簡単なのはサプリメントのように胃の容量や食欲や時間に関係なく摂取できるタイプのものです。

 

ですが、そういった商品は多く販売されているため、結局どれがいいのかというのは非常に分かりにくいです。そこで、腎臓に良い成分をしっかり配合しているものを調査しましたのでご紹介します。

 

 

クレアギニンEXの特徴

業界トップクラスの29種類配合
ノンカリウム処方のL-シトルリン
ノコギリヤシを2粒で400mgも配合!

主要配合成分
L-シトルリン、ノコギリヤシ、ペポカボチャ、トコフェロール、冬虫夏草、しじみエキス、イソサミジン、桑の葉、高麗人参、にんにく、すっぽん、生姜、黒豆、ウコンなど
口コミ
五十歳を向かえて尿意が我慢できないという感覚が強くなってきており、頻度も高くなっていました。特に病気というわけではないため、どうしようか悩んでいましたが、サプリメントを探すことにして、たどり着いたのがこれでした。基本的にいっぱい入ってればどれかが効く!と思っている私にはぴったりだったし、肝臓にいいオルニチンが入ったしじみエキスが入っているのも気に入っています。始めてからもう二か月たちますが、かなり快調です。今は健康のありがたみを実感しながら続けています。 50歳/女性
カリウム制限があるため低カリウムで腎臓にいいサプリメントを探していたところに見つけました。他にも栄養のあるものがたくさん含まれているので私は青汁と一緒に飲んでいますが、ウォーキングの後の疲労感が減ったように思います。食べるものは大事ですね。 65歳/女性
長時間のバスツアーにいつも参加していたのですが、最近とっても早くなってしまって、参加はそろそろ無理かもしれないと思っていたところに老人会でノコギリエキスがいいと聞き、早速購入して飲んでみましたが、明らかに違いますね。何を栄養としてとるかというのがどれだけ大事か身をもって知りました。 71歳/男性

価格 1980円
評価 評価5
備考 2回目以降は4980円(送料無料)通常価格は6300円。
クレアギニンEXの総評

値段に対しての配合量がとにかく多く、種類も豊富です。腎臓にいいノコギリヤシのサプリメントは単体で2000円程度するため、かなりお買い得です。また、しじみエキスは話題の肝臓にいいオルニチンが配合されており、不調になりやすい腎臓、肝臓両方にいい影響があります。

値段、品質、配合量どれをとってもトップクラスのサプリメントです。

 
 

オルニパワーZnプラスの特徴

業界トップクラスのオルニチン配合量
アスタキサンチン配合
亜鉛などの栄養素も多数配合

主要配合成分
オルニチン、亜鉛、アスタキサンチン、グリシン、コハク酸、マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE,葉酸、鉄分、ナイアシン、カルシウム

口コミ
ステラ漢方の愛用者なので購入してみました。肝臓の数値がよくなかったのでオルニチンをとりたいなと思っていたところだったのでいいタイミングでした。粒自体は飲みやすくて引っかかる感じも特に味もありません。飲み始めてから血圧が少し下がりました。これは腎臓にもいいのかもしれません。あと、お酒に少し強くなりましたね。おおむね満足の結果だと思います。 71歳/女性
夜に頻発して熟睡ができないため、手を出しまいたが、快調、快眠です。寝不足の頭で居続けることはつらかったので助かりました。 65歳/女性
オルニチンとアスタキサンチンのパワーを知りたくて購入しました。正直サプリメントにはそこまで期待はしていませんでしたが、夜間頻尿が少しよくなりました。まだ二週間なのでもっといい結果が書けるかもしれません。 82歳/男性

価格 500円
評価 評価4.5
備考 当サイトから購入限定価格500円!
オルニパワーZnプラスの総評

初回の値段が千円を切るというコスト的にはかなり始めやすいサプリメント。オルニチン、アスタキサンチン、亜鉛と腎臓、肝臓に効く成分が配合されており、改善が期待できます。また、日常生活で摂りにくいビタミンB群、葉酸、鉄分なども配合されているためビタミン剤としても優秀です。

 
 

しじみ習慣の特徴

無料サンプルを送料無料で配布中!
しじみの煮汁の濃縮エキスだけ
サプリメントじゃないから安心安全

主要配合成分
オルニチン、アラニン、グルタミン酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、カルシウム、亜鉛、グリコーゲン、トリプトファン、リジン、ファルアラニン、イソロイシン、メチオニン、ビタミンE、葉酸、鉄分
口コミ
人工的なサプリメントが嫌であまり飲みたくないなぁと思っていましたが、しじみ習慣はサプリメントじゃなくて純粋なしじみの栄養ということを知って始めました。私の場合は無料サンプルから始めましたが、本当に体の調子がよくなったので本製品も買いました。これはいいですよ! 51歳/女性
しじみが肝臓や腎臓にいいと聞いたのですが、毎日はとても金銭的というよりは飽きてしまって断念。意外にしじみが手に入りにくいこともあり、なんとかならないかな、と思っていた所にしじみ習慣を友人から紹介され始めることができました。本当にスッキリ快調という感じです。若い時のようにエネルギッシュにテニスを始めました(笑) 45歳/女性
しじみ汁が大好きでよく飲んでいたのですが、同居するようになった息子の嫁があまり好きではないらしく滅多に出ることはなくなりました。当時はすごく調子がよかったのを思い出し、もしかしたらしじみを飲み始めれば元に戻るかもと思い、無料サンプルを申し込みました。やっぱり私の予想は間違っていませんでした。私に足りなかったのはしじみだったみたいです。 62歳/男性

価格 0円
評価 評価1
備考 無料サンプルを送料無料で10日間配布中。定期購入価格は3582円
しじみ習慣の総評

無料サンプルが送料無料で入手できるというのは非常に珍しいです。どうしても体感してからじゃないと、と思う方はとりあえず申し込みをしてみてください。しじみ自体に多くのビタミン、ミネラル、オルニチンなどが含まれていますので、しじみを食べ始めようと思ったことがある方、すでに挫折した方すべての方におすすめです。

 

 

サプリメントは腎臓の働きを改善する成分を摂るのに非常に効果的です。

 

よほど極端な食事でなければ毎日の食事を変える必要がないため、ラクに取り入れることが可能です。

腎臓に良いレシピ

腎臓に良いレシピで一番に思いつくのはしじみを使ったものですが、ここではしじみの味噌汁ではなく、純粋なしじみの味を味わえるしじみ汁の作り方をご紹介します。

 

他とは違うしっかり味を正すためのシジミ汁の作り方

腎臓に良い食べ物はコレ! レシピの一覧

材料
しじみ 200g程度
水 500ml
昆布 適量
塩 適量
酒 大さじ1
香味野菜 適量

 

1.平たいバッドにしじみを広げるように入れ、薄い塩水に2~3時間ほど浸しておきます。塩水は200ml当たり小さじ五分の一程です。新聞紙などをかぶせておくと効果的です。
2.流水に当てながらよく洗います。
3.水を入れ、昆布を入れ、火をかけます。
4.ぬるま湯程度にあったまってきたら弱中火にしてしじみを入れます。
5.沸騰したら火を弱火にし、昆布を取り出します。灰汁が出ていたら掬いましょう
6.一度知るだけを茶こしなど網目の細かいものに通すと砂がきれいになくなります
7.塩と酒を入れ、味を調えたら、一度沸騰直前まで温めなおします。
8.好みで刻み葱、三つ葉などを入れるのもいいかと思います。

-